ライフワークと犬のしつけ

犬の雌には左右5対の乳腺があり、それぞれに乳頭がついています。

若い犬では乳頭はめだたず、小さな粒のようにしか見えません。高齢の犬、特に子犬を産んで授乳中の雌では乳頭はよくめだち、垂れ下がっていることもあります。

避妊手術を受けていない高齢の雌では、乳腺に腫瘍ができやすくなります。良性腫瘍の場合もありますが、非常に悪性度の高い腫瘍であることもしばしばあります。

乳腺付近にしこりを発見したときには、直ちに獣医師に診てもらうべきです。