ライフワークと犬のしつけ

犬のしつけトレーニングを行う以上は、犬の引っ張り癖をみすみす見逃して、どうしようもなくなるまでこの悪癖を助長するのではなく、トレーニングの初日からリードを緩めて歩く練習をするべきです。

関連:犬のしつけ http://osiete-wanwan.com/

犬のしつけトレーニングの相手が子犬やひどい引っ張り癖がついていない成犬であれば、「赤信号・青信号ゲーム」を行うとよいです。

犬と一緒に歩き、リードが緩んでいる時には前に進み、リードがピンと張ればその場に立ち止まって動かない、というのがこのゲームのルールです。

つまりリードが緩んだ状態が「前に進め」=「青信号」で、ピンと張った状態が「止まれ」=「赤信号」というわけです。好きな方向に歩かせることは、犬にとって強力なごほうびになるので、犬がリードを引っ張ってどこかに向かおうとしている時には、頑としてその場を動いてはならないのです。

関連:トイプードルの飼い方 http://www.dabuntonet.com/

犬の多くは「ハウス」をすることに抵抗します。「ハウス」と命じると逃げ出したり、扉をしめる前に無理やり出ようとします。

逃げたまま放ってしまうと、いつまでたっても「ハウス」ができない犬になってしまいます。逃げれば「ハウス」をしなくてもすむと犬に思わせないようにします。

犬のしつけは最初が肝心です。逃げたら厳しく叱り、必ず「ハウス」をさせなければなりません。

関連:犬のしつけ解説「散歩で引っ張る・歩かない」 http://xn--08jl3byb3436d6d3ahfb.com/sanpo.html