ライフワークと犬のしつけ

柴犬しつけの中でも一般的に、犬 しつけ トイレは難しいですよね。飼い主が犬の行動を矯正して、ある命令に対して正しく反応させようとするときには、この特徴を理解して正しく認識しておくことが重要です。

柴犬しつけの中で「ヨシ」は、要求していた反応を終わりにしてよいという意味で使うもので、訓練中の兵隊に向かって「休め」と命令するのと同じように使います。

・柴犬のトレーニングは楽しく行いましょう。
・子犬やあとから引き受けた成犬を家に連れ帰ってから2ヵ月の重要な期間は毎日2、3回のトレーニング時間を確保してください。1回は5~10分間で。犬 しつけ トイレでは、特に基本的なトレーニング目的にはこれくらいが適当です。

 

 

チワワの飼い方・育て方・しつけ方を解説しましょう。

一度チワワに不快な思いをさせる事によって、カラーやリードを比べると逃げるようになってしまう事もあり、お散歩嫌いになる事もありますから、焦らずに遊び心を持って楽しく行ないましょう。
強引に引っ張らないようにしましょう。

床に体を伏せるような姿勢で、犬と視線をなるべく合わせるような感じで、優しく楽しく声をかけてはしゃがせるようなムードに持っていきます。

チワワには、リードをつけて少し引っ張ってみたり、オモチャ等で呼び寄せたりしてリードをつける事にも慣れさせていきます。

 

 

 

犬の雌には左右5対の乳腺があり、それぞれに乳頭がついています。

若い犬では乳頭はめだたず、小さな粒のようにしか見えません。高齢の犬、特に子犬を産んで授乳中の雌では乳頭はよくめだち、垂れ下がっていることもあります。

避妊手術を受けていない高齢の雌では、乳腺に腫瘍ができやすくなります。良性腫瘍の場合もありますが、非常に悪性度の高い腫瘍であることもしばしばあります。

乳腺付近にしこりを発見したときには、直ちに獣医師に診てもらうべきです。

 

 

犬のしつけトレーニングを行う以上は、犬の引っ張り癖をみすみす見逃して、どうしようもなくなるまでこの悪癖を助長するのではなく、トレーニングの初日からリードを緩めて歩く練習をするべきです。

関連:犬のしつけ http://osiete-wanwan.com/

犬のしつけトレーニングの相手が子犬やひどい引っ張り癖がついていない成犬であれば、「赤信号・青信号ゲーム」を行うとよいです。

犬と一緒に歩き、リードが緩んでいる時には前に進み、リードがピンと張ればその場に立ち止まって動かない、というのがこのゲームのルールです。

つまりリードが緩んだ状態が「前に進め」=「青信号」で、ピンと張った状態が「止まれ」=「赤信号」というわけです。好きな方向に歩かせることは、犬にとって強力なごほうびになるので、犬がリードを引っ張ってどこかに向かおうとしている時には、頑としてその場を動いてはならないのです。

関連:トイプードルの飼い方 http://www.dabuntonet.com/

犬の多くは「ハウス」をすることに抵抗します。「ハウス」と命じると逃げ出したり、扉をしめる前に無理やり出ようとします。

逃げたまま放ってしまうと、いつまでたっても「ハウス」ができない犬になってしまいます。逃げれば「ハウス」をしなくてもすむと犬に思わせないようにします。

犬のしつけは最初が肝心です。逃げたら厳しく叱り、必ず「ハウス」をさせなければなりません。

関連:犬のしつけ解説「散歩で引っ張る・歩かない」 http://xn--08jl3byb3436d6d3ahfb.com/sanpo.html