ライフワークと犬のしつけ

ニキビの最重症や重症の患者さんには、過剰な免疫の働きを抑えたり、炎症を治したりする目的でステロイド薬(商品名プレドニン、リンデロンなど)を内服してもらうことがあります。

また、補助療法として精神症状に効く薬などを併用することもあります。ニキビによるかゆみがあると、イライラする、眠れないといった精神的な症状が強く出ることがあります。

逆に、ストレスがたまってイライラしていると無意識に体をポリポリとかいて、ニキビを悪化させてしまうこともあります。 そこで、精神的に高ぶったり、うつ状態になって気持ちの落ち込みがひどかったりするときなどは、それらの症状をやわらげる向精神薬や抗不安薬、眠れないときは睡眠導入薬を使用することがあります。

敏感肌のための本当に正しいニキビケア

●漢方薬を使うこともあります

また、昨今、東洋医学への関心や要望が高まっており、「漢方薬で治療したい」と望む患者さんも少なくありません。実際、ニキビの治療には、補中益気湯、十昧敗毒湯、柴胡清肝湯、消風散、柴朴湯などの漢方薬が用いられ、効果があるという報告も出ています。

ただし、その多くは、医師の経験にのっとった「症例報告」に基づくもので、信頼性の高い大規模な研究報告はあまりありません。

漢方薬は西洋薬とは異なり、その患者さんの体質や体形(太っている、やせているなど)、ニキビの状態などを診察して、処方が決まります。

そのため、一定の条件のもとでニキビ治療を行い、何人中何人に効いたという西洋医学的な臨床試験の方法で評価するのはむずかしいのです。

それでも最近では、漢方治療できちんとした臨床試験を行っていこうという動きが出ています。

 

 

皮膚の免疫学的な反応を大きく分けると、じんましんのように異物に接触するとすぐにはたらく即時型反応と、かぶれのようにやや遅く反応があらわれ二日後くらいにピークとなるものがあります。

かぶれ型反応はさらに、強い酸や腐食性物質によるかぶれなど、だれにでも必ず起こる反応と、うるしかぶれや化粧品かぶれ、果実での皮膚炎など、一部の敏感な人にだけみられる反応があります。

この、特定の人にゆっくり起こるかぶれ反応は、特定の物質に最初にふれたあと、生体がそれを有害なものとして認識したために起こるものです。

以後ふたたび同じ物質にふれると、一種の記憶によって強い排除の反応を起こすと考えられます。このような反応をアレルギー性の反応といい、皮膚の多くの病気の原因やその発病の過程にかかわっています。

水虫 白癬の菌は、生きた皮膚に住みついて反応を起こします。

水虫のカビも、もちろん皮膚についた異物として認識されます。しかし、それにもまして重要なのは、水虫(足白癬)をおこす白癬菌は、この角層の中に好んで住みつく生物、つまり生きている異物ということなのです。

ケラチンは、体の最外層で外界に体する防御の第一線の役割をもつ角層の主成分です。このため、物理的・化学的に非常に強いものにつくられています。

そのケラチンを自分の栄養として利用するために、白癬菌はケラチンを溶かす酵素(ケラチナーゼ)をもっています。逆にいえば、強力なケラチナーゼをもつことができたカビが角層に住めるようになり、ついには現在の白癬菌となったと考えてよいでしょう。

 

 

就寝時間が遅くなれば、朝きちんと早起きできずに遅刻しがちになるのは避けられないです。

寝不足に加えて、朝食抜きという子供は、集中力の欠如やイライラ感を抱き、遊びや勉強にしっかりと取り組むことができず弊害は大きいです。

睡眠不足が長期化すると、成長ホルモンの分泌が乱れ、心身の健全な発達が妨げられる可能性も高いです。

ある幼児教育関係者は「学校や幼稚園でのプログラムにすっきりとした体調でのぞむには、六時に早起きさせて、排便、朝食をきちんと済ませてから家を出てほしい。それに、決まった時間に起きることで、親は子供の体調を的確に把握することもできます」と話すそうです。

[参考サイト] 早起き http://beautyful-health.com/archives/331

動物実験でも、しっかり睡眠をとることで、脳の神経細胞の連携が強化されることが分かっています。わが子をたくましく、賢く育てたいなら、昔ながらの早寝早起きを実践させたいところですね。

都内の小学4年生~中学3年生を対象に行った調査でも、「キレる」「ムカつく」といったイライラ感の強い子供の52%が、夜12時を過ぎて寝ており、イライラ感の弱い子供の二倍以上に達していることが分かったのです。

 

 

 

パニック障害 症状に合わせた治し方を模索してみるのもいいでしょうね。

パニック障害の引き金になる要素に、血糖値の低下がありますが、それに対する反応や症状も人それぞれです。ある人には症状が現れるでしょうが、現れない人もいます。

パニック障害 治し方を研究した米国糖尿病協会の発表によると、「正常な人」100名のうち、およそ25名がおそらく「低血糖」だそうですが、症状を示すのはたった3名とのことです。

しかも、同じ人がその時その時で異なる反応を示すこともあります。確かな法則を確立するのは難しいのです。

低血糖症かどうかを調べるブドウ糖負荷試験を受けたことがあるでしょうか。してみたければ自分でできます。

パニック障害 症状が表れた時やフラフラした時、オレンジジュースを小さなコップー杯飲んでみて、数分で気分がよくなったら、それはたぶん低血糖です。

 

 

認知症 対応を適切にするには、認知症 チェックの正しい基準を知っておく方が良いですね。

一般的に、多くの男性は仕事を持って働いているわけですが、働いている最中は定年後の自由気ままな生活にあこがれるものです。

しかし、実際に定年になりまったく暇な毎日を過ごすようになると、みるみるうちに老け込んできます。認知症 対応の方法が分からず、頭は白くなり顔から精気が失われてきます。

体力も衰え少し歩くとすぐに疲れるようになり、家に閉じこもりテレビなどを見て一日を過ごすようになります。こうなると、もう認知症への道へ突入したといっても過言ではありません。

そうならないために、認知症 チェックの要領を知っておくと良いのです。

 

 

糖尿病 症状や合併症も含め、高血圧対策にも共通する知識を持っておきましょう。

生活習慣とは、食事、運動、仕事、嗜好(娯楽)などの行動スタイルのことですが、そこには好みや快感が影響しています。

嫌いなこと、負担の大きいことは決して習慣にはなりません。とくに食事や飲酒、喫煙などの行動には、基本的にストレスがありません。

むしろ、ストレス解消に通じると一般には考えられています。糖尿病 合併症のリスクがそこに潜んでいます。

しかし、偏った食習慣をつづけ、お酒やタバコヘの嗜癖を深めると、糖尿病 症状など何らかの健康障害を招くことはもう常識になっています。高血圧 食事で整えないといけません。